【鍋レシピ】ブルーノホットプレートで『ごま鍋』の作り方

【鍋レシピ】ブルーノホットプレートで『ごま鍋』の作り方

今回は、ブルーノホットプレートで『ごま鍋』を作ったので、その時のレシピを紹介します。

▼ブルーノコンパクトホットプレート

▼ブルーノセラミックコート鍋

ブルーノ公式サイトはこちら

ハッピーサマーセール

只今、総額20,130円(税込)相当の商品が11,000円(税込)で手に入る夏の福袋「HAPPY BAG」販売中です!

BRUNOコンパクトホットプレート+深鍋プレートを含む豪華6点セット45%OFFでGETできます!!

今回使用したもの

今回のごま鍋で使ったのは『ブルーノコンパクトホットプレート』と『セラミックコート鍋』の組み合わせです。

セラミックコート鍋|ブルーノコンパクトホットプレート

ブルーノのごま鍋レシピ『材料』

今回のごま鍋で用意した「ごまダレの素」と「具材」を紹介します。

ごまダレの素

下記の材料を混ぜ合わせて、ごまダレの素を作っておきます。

ごまダレの素

練りごま大さじ4
しょうゆ大2
砂糖大さじ1・1/2
赤みそ大さじ1/2
豆板醤小さじ1/2
300ml

具材

ごま鍋の具材は、お好みの野菜を用意しましょう。

今回は、家に余っていた野菜と鶏肉を用意しました。

ごま鍋の具材

鶏肉500g
大根1/3本
白菜5枚ほど
里芋5個
水菜1/2束
マロニー(鍋用)適量
だしパック1袋
500ml

具材の切り方は、大根はピーラーで削いでおき、豚バラ・水菜・白菜は食べやすい大きさに切っておきます。里芋は茹でてから皮をむいて、一口大に切ります。

鍋〆をする場合は、お好みの〆の具材を用意しましょう。我が家では「うどん」を用意しました。

ブルーノのごま鍋レシピ『作り方』

ブルーノコンパクトホットプレートを使ったごま鍋の作り方を紹介します。

①水とだしパックを入れて温める

鍋に「水(500ml)」と「だしパック」を入れます。

水とだしパックを入れる|ブルーノホットプレートのごま鍋レシピ

 

蓋をしてから、ブルーノホットプレートの温度を「HI」にして温めます。

ブルーノホットプレートの温度をHIにする

②ごまダレを入れる

沸騰したら、あらかじめ作っておいた「ごまダレ」を入れます。

ごまダレを入れる|ブルーノホットプレートのごま鍋レシピ

③具材を入れる

沸騰したら、水菜以外の具材(鶏肉・大根・白菜・里芋・マロニー)を入れます。

具材を入れる|ブルーノホットプレートのごま鍋レシピ

 

5分ほど経ったら、「水菜」を入れます。

ブルーノホットプレートのごま鍋

④水菜が煮えたら出来上がり!

水菜が煮えたら出来上がりです。

取り皿にとって食べましょう。

だしがしっかり効いているので、たくさんの野菜とお肉が食べられます!

食べている時にグツグツと沸騰していたら、ブルーノの温度を「MED」に変えておきましょう。その場合、具材を追加する時に再び「HI」に設定してください。

⑤〆は「うどん」にしました!

今回は、鍋〆として「うどん」を投入!

〆のうどん|ブルーノホットプレートのごま鍋レシピ

 

取り皿にとって、上から海苔を散らしたら出来上がり!

濃厚なスープがうどんに絡んで、胡麻の風味がしっかりと堪能できました。ごちそうさまでした。

【まとめ】ブルーノでごま鍋をした感想

今回は、ブルーノホットプレートレシピ『ごま鍋』を紹介しました!

特に、うちの旦那は胡麻のまろやかで濃厚なスープが好きなようで、いつもよりもパクパクと食べていました!

辛さについては、我が家では子供が小さいので抑えめにしていますが、大人だけで鍋を囲むなら「小さじ1」にしてもOKです。

ブルーノホットプレートを持っている方は、ぜひ作ってみてください♪

▼ブルーノコンパクトホットプレート

▼ブルーノセラミックコート鍋

ブルーノ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました