BRUNO公式サイトがお得な6つの理由⇒CLICK!

【レシピ】BRUNOスチーマー(蒸し器)で肉まんの作り方!

【レシピ】BRUNOスチーマー(蒸し器)で肉まんの作り方!

BRUNOコンパクトホットプレートの蒸し器スチーマー は二段式で大容量です。

今回、この蒸し器で一度に12個の肉まんを作りました!!

12個分の肉まんレシピをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

BRUNOスチーマーの使い方については、BRUNO蒸し器の使い方とおすすめレシピをご覧ください。

モカ

肉まんのレシピは今日のレシピを参考にさせていただきました。

目次

今回使用したBRUNOホットプレート

今回の肉まん大量生産に使ったのは「ブルーノコンパクトホットプレート」と「専用スチーマー」の組み合わせです。

蓋はグラスリッド(ガラス蓋) を使っていますが、専用蓋でも問題ありません。

【レシピ】BRUNOスチーマー(蒸し器)で作る肉まん

肉まんのレシピは今日のレシピ(8個分)を参考に、BRUNOで12個分できるようサイズアップしました。

『材料』

使用した材料はこちらです。

【生地】

ブルーノで作る肉まん生地の材料
薄力粉300g
ドライイースト小さじ1.5
グラニュー糖大さじ1.5
2つまみ
★ぬるま湯150~160ml
ごま油大さじ1.5

【具】

ブルーノで作る肉まんの具の材料
豚こま切れ300g
ネギ(白い部分)25-30cm
★こしょう少々
★酒大さじ1.5
★オイスターソース大さじ1.75
★しょうゆ大さじ1.5
★ごま油大さじ1.5

クッキングシートを8センチ角に切っておきます。

8cm角に切ったクッキングシート(BRUNOスチーマーで肉まんを作る)

『作り方』

  1. 生地をこねる
  2. 一次発酵
  3. 具材を作る
  4. 生地を伸ばす
  5. 成型する⇒二次発酵
  6. 蒸す

肉まん生地をこねる

参考にした今日のレシピは、手でこねていますが、今回はホームベーカリーの「こねモード」を使いました。

ホームベーカリーの容器にぬるま湯⇒薄力粉の順で入れ、薄力粉の上にドライイースト、グラニュー糖、塩を乗せます。

ホームベーカリーに粉類を入れる(BRUNO肉まんレシピ)
モカ

ドライイーストが水分に触れると発酵が始まってしまいます。

大体15分くらい捏ね、生地が均一になったら、ゴマ油を入れて追加で5分ほど捏ねます。

ごま油を加える(BRUNO肉まんレシピ)

肉まん生地の一次発酵

全体がきめ細かくなったら、ホームベーカリーの発酵モードで20~40分発酵させます(室温可)。

生地が2倍くらいの大きさになればOKです。

一次発酵(BRUNO肉まんレシピ)
モカ

一次発酵させたまま、娘と公園へ遊びに行ったので膨らみすぎました(約二時間放置…)。

肉まんの具材を作る

ねぎは2mm幅の小口切り、豚こま肉は5mm幅に切ります。(レシピでは6mmですが、子供が苦手なので薄くしました。)

ねぎと豚肉をきる(ブルーノスチーマーで作る肉まんレシピ)

豚こま肉をボウルに入れ、★を順に加えてその都度、手でよく混ぜます。

肉まんの具を作る(BRUNO肉まんレシピ)

肉まんの生地を伸ばす

台の上に薄力粉を振り、一次発酵の終わった生地を取り出し、転がして均等な太さの棒状にします。

全量が465gだったので約230gに割りました。それぞれ包丁で軽く6等分の印をつけます。

生地を12等分する(BRUNO肉まんレシピ)

その生地を12等分するのですが、切り方にポイントです。

1切れ切ったら【生地】を90度転がし、もう1切れ切ったら戻す、この作業で立体的に切ることができます。

生地は立体的に切る(BRUNO肉まんレシピ)

切り口を上にして、手のひらで押しつぶし、生地を伸ばします。

左手で【生地】の端を持ち、一方向に少しずつ回転させながら、麺棒で直径10cmほどの円盤形にのばしました。

肉まん生地を伸ばす(BRUNOスチーマーで肉まんを作る)

肉まんを成型する

【生地】の中央に肉とねぎの1/12量をのせて、ひだを寄せながら包みます。

肉まんを包む(BRUNOスチーマーで作る肉まん)

最後はしっかりとつまんで閉じます。

包んだものからBRUNOスチーマーの上に並べます。

肉まんをBRUNOのスチーマーに並べる(BRUNOスチーマーで作る肉まんレシピ)

肉まんを二次発酵する

BRUNOホットプレートに蓋をして、室温で10~20分置きます。

肉まんの二次発酵(BRUNOスチーマーで作る肉まんレシピ)

ひだの角が丸くなり、膨らんでいればOKです。

二次発酵が終わった肉まん(BRUNOスチーマーで作る肉まんレシピ)
モカ

この日は膨らみが悪く、深鍋にお湯を張りました。一次発酵をしすぎたせいかもしれません。

肉まんを蒸す

BRUNO深鍋には約1.5Lのお湯を沸かし、スチーマーを乗せます。

肉まんを蒸す(BRUNOスチーマーで作る肉まん)

HIで15分ほど蒸します。水滴が垂れるので蓋には手ぬぐいを巻いています。

10分たった時点で状況を見て、上下の網を持ち上げて逆にしました。

モカ

一段目と二段目を逆に乗せることはできないので、中の網を入れ替えました。

BRUNOスチーマーで肉まんの出来上がり!

約15分蒸した後、肉の内部まで火が通っているか割ってみてください。

出来上がった肉まんは、ネギがまろやかで優しいお味でした。美味しかったので、一度に3つも食べてしまいました(笑)

モカ

生地は、あんまんやピザまんにも応用できそうです。

BRUNOの蒸し器を使ったレシピは他にもあります。

家にある3つの材料でできる滑らかプリン!BRUNO蒸し器でプリンの作り方もぜひチェックしてみてください。

蒸し器の使い方についてはBRUNOスチーマーの使い方とレシピ紹介をご覧ください。

【最後に】BRUNOのお得な購入方法

BRUNOの蒸し器をは深鍋とセットで購入できます。初回会員登録で500円クーポンを使ってお得にゲットしてくださいね。

スチーマー&深鍋セット(コンパクト)

オーバルホットプレート+スチーマー セット

BRUNOスチーマーの使い方については、BRUNO蒸し器の使い方とおすすめレシピをご覧ください。

  • 新規会員登録で500円クーポンGET
  • 公式限定プレゼント特典
  • メーカー1年保証付き
可愛いだけじゃない!毎日の食卓に使いやすいホットプレート♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる