ブルーノの『ホーロー風』ホットプレートのホーロー風って?材質は?

ブルーノの『ホーロー風』ホットプレートのホーロー風って?材質は?

ブルーノ(BRUNO)のホットプレートを初めて見た人は、「ホーローのホットプレートだ!」と思う方が多いと思います。見た目は本物のホーローそっくりですよね!

ただ、ブルーノのホットプレートはあくまで

『ホーロー風』であって、ホーローではありません!

「なんだ…ホーローに似せたものか…」とガッカリされた方、ホーローでできた食器のほうが高価で、お洒落な感じがしますよね。それは私もそう思います。

ただ私は、ホーロー風にはホーロー風の良さがあると思っています!ホーロー材質のものは、ちょっと値段が高かったり、重かったりもします。扱いの面でも、錆びやすくヒビ割れしやすいので、かなり気をつかっちゃいます…。結構いいお値段で買ったものが、すぐにヒビが入ってしまったら…凹みますよね。

その点、ホーロー風なら、ホーローのオシャレさを備えつつ、耐久面でも丈夫なので、ホーローのように気を使いすぎることもありません!ブルーノのホットプレートもあくまで『ホーロー風』なので、「ホーローのようなお洒落さ」を持ちつつ「ホーロー食器のように気をつかわなくてもいい」ので、ホーローのいいところだけ取り入れたホットプレートなんです!

ブルーノホットプレートの公式サイトはこちら


ハッピーサマーセール

只今、総額20,130円(税込)相当の商品が11,000円(税込)で手に入る夏の福袋「HAPPY BAG」販売中です!

BRUNOコンパクトホットプレート+深鍋プレートを含む豪華6点セット45%OFFでGETできます!!

ホーロー風ホットプレートの『材質』は?

ここまでホーロー風の良さをお伝えしましたが、それではブルーノのホーロー風ホットプレートの材質は何でしょうか。

説明書の材質部分を見てみますと

ブルーノホットプレートの説明書に記載されている材質部分

本体、フタ : スチール、フェノール樹脂
プレート  : アルミ (内側表面フッ素樹脂コーティング)

と書かれています。

もちろん、ホーローとは書かれていませんね。

本体とフタともにスチールとフェノール樹脂でできています。

ちなみに、本体にのせるプレートには、フッ素樹脂がコーティングされているので、食材が焦げ付きにくく、汚れもつきにくいようになっています。

ブルーノの『ホーロー風』ホットプレートまとめ

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

  • ブルーノホットプレートはあくまでホーロー風でホーローではない
  • ホーロー風なことで、「ホーローのようなお洒落さ」を備えつつ、「ホーローのようにもろくない」
  • 実際の材質は、「スチール、フェノール樹脂」

ホーロー製のものを否定するつもりはまったくないですが、やっぱり私はあまり気を使わなくてもいい『ホーロー風』のほうが自分には合ってると思っています。

ブルーノホットプレートの公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました