BRUNO公式サイトがお得な6つの理由⇒ CLICK!

ブルーノの『ホーロー風』ホットプレートのホーロー風って?材質は?

10月1日(金)よりBRUNOの下記商品が値上げされます。
・コンパクトホットプレート
・ホットサンドメーカーシングル・ダブル
・コンパクトブレンダー
コンパクトホットプレートは、税込9,680円⇒9,900円に変更。
改定間近ですが、迷っている方は価格改定前にゲットしてくださいね。
詳細➡販売価格改定のご案内

ブルーノ(BRUNO)のホットプレートを初めて見た人は、「ホーローのホットプレートだ!」と思う方が多いと思います。見た目は本物のホーローそっくりですよね!

ただ、ブルーノのホットプレートはあくまで

『ホーロー風』であって、ホーローではありません!

「なんだ…ホーローに似せたものか…」とガッカリされた方、ホーローでできた食器のほうが高価で、お洒落な感じがしますよね。それは私もそう思います。

ただ私は、ホーロー風にはホーロー風の良さがあると思っています!ホーロー材質のものは、ちょっと値段が高かったり、重かったりもします。扱いの面でも、錆びやすくヒビ割れしやすいので、かなり気をつかっちゃいます…。結構いいお値段で買ったものが、すぐにヒビが入ってしまったら…凹みますよね。

その点、ホーロー風なら、ホーローのオシャレさを備えつつ、耐久面でも丈夫なので、ホーローのように気を使いすぎることもありません!ブルーノのホットプレートもあくまで『ホーロー風』なので、「ホーローのようなお洒落さ」を持ちつつ「ホーロー食器のように気をつかわなくてもいい」ので、ホーローのいいところだけ取り入れたホットプレートなんです!

ブルーノホットプレートの公式サイトはこちら


目次

ホーロー風ホットプレートの『材質』は?

ここまでホーロー風の良さをお伝えしましたが、それではブルーノのホーロー風ホットプレートの材質は何でしょうか。

説明書の材質部分を見てみますと

ブルーノホットプレートの説明書に記載されている材質部分

本体、フタ : スチール、フェノール樹脂
プレート  : アルミ (内側表面フッ素樹脂コーティング)

と書かれています。

もちろん、ホーローとは書かれていませんね。

本体とフタともにスチールとフェノール樹脂でできています。

ちなみに、本体にのせるプレートには、フッ素樹脂がコーティングされているので、食材が焦げ付きにくく、汚れもつきにくいようになっています。

ブルーノの『ホーロー風』ホットプレートまとめ

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

  • ブルーノホットプレートはあくまでホーロー風でホーローではない
  • ホーロー風なことで、「ホーローのようなお洒落さ」を備えつつ、「ホーローのようにもろくない」
  • 実際の材質は、「スチール、フェノール樹脂」

ホーロー製のものを否定するつもりはまったくないですが、やっぱり私はあまり気を使わなくてもいい『ホーロー風』のほうが自分には合ってると思っています。

ブルーノホットプレートの公式サイトはこちら

10月1日(金)よりBRUNOの下記商品が値上げされます。
・コンパクトホットプレート
・ホットサンドメーカーシングル・ダブル
・コンパクトブレンダー
コンパクトホットプレートは、税込9,680円⇒9,900円に変更。
改定間近ですが、迷っている方は価格改定前にゲットしてくださいね。
詳細➡販売価格改定のご案内
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

BRUNO LIFE(ブルーノライフ)を運営しているmocaと申します。
夫と子供2人の4人家族です。
BRUNOホットプレート3種類(コンパクト・グランデ・オーバル)やレシピ広がるオプションプレートを実際に使ってみた感想、日々のお料理レシピなどを紹介しています。BRUNOの疑問が解決できるブログにしたいと思います。
mocaのプロフィール

目次
閉じる